ベトナムでの美容院問題

美容院の問題

日本でも引っ越しの旅に思うことだと思います。慣れ浸しんだ美容院に通うことができなくなってしまう。
日本国内なら言葉も通じるし文化も変わらないので、何とかなるだろうと思うのですが海外に住むとなると心配になります。頻繁に日本へ帰国する機会がある仕事であれば何の問題もないのですが、なかなか日本に帰ることができない仕事の場合は、現地で探すしかありません。

路上美容院

ベトナムに行くとみなさん見かけると思うのですが、歩道の脇で髪を切ってもらってる人の姿を目にします。
私が目にするのは男性のお客さんばかりなので、きっと男性専門なのだろうと思っています。ちなみに料金は20,000VDN~30,000VDN程度のようです。男性の方でチャレンジしてみたい方は是非行ってみてください。

安さが魅力のローカル美容院

ベトナムにも美容院というものはローカルなお店もあります。ただ、ベトナムには日本のように美容師や理容師の資格がないため店舗、作業者によってレベルの格差はかなりあると思います。どんなヘアスタイルになってもいいと思われる方はローカルなお店に行ってみるのもいいかもしれません。ローカルな店舗の場合は、男性が30,000VDN~50,000VDN、女性は50,000VDNほどになります。カラーや縮毛矯正なども日本に比べるとかなりお安くしてくれますが、薬剤は日本のものよりもきついと思われますので肌が弱い方は避けた方がいいかもしれません。一応、値段設定がされているお店がほとんどなのですがやはり日本人ということで高額な料金を吹っ掛けられることもありますので、事前に料金を確認することを忘れないようにしてください。

高くてもやっぱり日系美容院

やっぱり、ヘアスタイルは大切だからちゃんとしたお店で切りたいという方は日本人が経営しているお店に行くといいと思います。ベトナムの都市部には、意外と日本人が経営している美容院がありますのでネットで検索してみましょう。だいたい日本人にカットをしてもらうと4,000円前後と日本でカットするのと変わらない価格になります。それでもクォリティを優先するならこちらの美容院を選んでください。

私が通っているハノイにある日系の美容院のリンクを貼っておきます。
すごく安心できるお店で私の周りにも利用者が多いです。
Te to Te
http://www.tetote-hanoi.com/

ちょっとした注意点

ちなみにベトナムの美容室では、シャンプーの際しっかり爪を立ててガシガシ洗うのが良いとされています。
かなり痛いと言われていますので、それが嫌な方はローカル店舗に行くことはやめておいた方がよさそうです。

ベトナムでは女性が優遇される?

女性の日

3月8日「世界女性の日」という日があるのは、ご存知の方も多いと思います。
ベトナムでは、世界女性の日の他にも10月20日「ベトナム女性の日」という日が存在します。ですので、ベトナムには女性の日が年に2回もあるのです。ベトナム女性の日は、1930年10月20日に女性の地位向上をするため「ベトナム婦人連合会」が正式に設立されたことをきっかけにベトナム共産党が記念日として女性に感謝の気持ちを表す「ベトナム女性の日」と定めました。

女性の日とは

女性の日は女性の平等性を訴える日でありましたが、現在では日頃の感謝を込めて男性が女性へプレゼントをする日とされています。この日には、恋人や妻、母親だけでなく先生や同僚といった身近な女性にも花などのプレゼントを贈ることが一般的です。日本では、世界女性の日であっても特別何か行われることもないのですが、日本にいるベトナム人の友人が「今日は女性の日なのに日本にいるから何もお祝いしてもらえない」とぼやいているのを聞いたことがあります。ベトナム人女性にとっては、年に数回のすごく特別な日のようです。

女性の日にすること

女性の日には、ほとんどの人が花を女性へのプレゼントに買いますのでこの日になると街中に次々と露店の花屋さんが出没します。この日ばかりは、花束の需要が非常に高まることもあり花の値段は普段の倍近くの値段まで高騰します。

女性の日にすること その2

家庭では、基本的に女性が家事や食事の用意などをする習慣なのですが、女性の日になると男性がすべて行い母親や妻を休ませてあげるといったこともするそうです。恋人の場合は、花とコスメやシャンプーなど少額のプレゼントを贈ります。他にも食事や遊びに出かけるということもあるようです。

職場での女性の日

女性の日には、職場でも女性向けにお祝いイベントを行うのが一般的です。会社主催のささやかなパーティーが朝から行われるところもあり、男性職員が社内の女性職員に対して花やプレゼントを贈る他にもご飯をご馳走したりします。会社から女性従業員だけに少額のボーナスが支給されることもあるようですが、女性を大切にすることに対して不満はないようですが、やはり会社から女性にだけボーナスが支給されることに対しては、たまに不満を漏らす人もいるようです。

女性の日のまとめ

このような女性の日が年に2回もあるベトナムですが、男性の日というものはありません。でも、大部分のベトナム人男性は女性を特別に扱うということに抵抗なく疑問に思っている男性もほとんどいないようです。
男性の方がベトナムに住むならば絶対に忘れてはいけない大切な記念日の一つになりますので、しっかりと覚えておきましょう。

ベトナムにある先生の日って知っていますか

先生の日とは

まだまだ、だいぶ先になりますが、気になったことを紹介します。
ベトナムでは毎年11月20日は「先生の日」(教師の日)です。

世界教師デー

日本には教師の日という記念日はありませんが、世界では教師に感謝する記念日としている国はたくさんあります。世界では、ユネスコが「世界教師デー」として定めた10月5日を教師の日として定めている国が多いのですが、他の国とは違いベトナムではフランスで発足した「世界教育者組合連合」の記念日に由来しているため11月20日が先生の日(教師の日)となっていると考えられています。

ベトナムでの先生という職業

ベトナムでは先生という職業はとても尊敬されている職業であり、そのお世話になっている先生に日頃の感謝の気持ちを伝えようという日になります。この日の「先生」にあたる人は広くとらえられており、学校の先生や語学学校の先生(日本語教師)はもちろんですが、家庭教師やお医者さんも含まれます。ベトナムで先生が尊敬されている理由としては、ベトナムの英雄であるホーチミンさんが先生だったからだとも言われています。

最近、私の周りで日本語教師が人気になっているようで、同じ大学の後輩がベトナムの人材紹介サイトで日本語教師の仕事を見つけて転職しました。
ベトナム求人採用情報、就職・転職なら人材紹介会社キャリアリンク
https://kyujin.careerlink.asia/vietnam

先生の日にすること

先生の日には、授業が休みになる学校も多く様々なイベントを企画している学校もあります。

先生のために生徒たちが歌や踊りを披露したり、食事に誘うなどして先生の為におもてなしをします。

一部の大学では、通常通り授業が行われるようですが授業が行われている教室へ先生への贈り物などを持って駆けつける生徒も多いようです。

先生の日には、生徒たちが自身の教師に対して贈り物をする習慣があるためこの時期になると街の至る所でプレゼント用の商品がよく売られているのを目にするようになります。

大学や高校などの付近では、学生たちがお小遣い稼ぎのためにオリジナルの花かごやグリーティングカードを作成して販売している姿を見かけます。ベトナムでは教師は女性が多いこともあってか花を贈ることが多く、スーパーマーケットなどの商業施設では「先生の日セール」と題してお花が売られていたりします。

教師の日には、普段は私服の先生たちもアオザイを着て着飾っている人が多く美しい姿にたくさんの花を抱えて笑顔で生徒たちに囲まれる姿はすごく素敵です。このような風景は、先生の日にしか見ることができないので貴重な体験にもなるかと思います。

先生の日のまとめ

ベトナムでは、教師という仕事は給料が安いことでも知られていますがこのように生徒たちから尊敬され大切な存在として思ってもらえるからこそお金には代えられない遣り甲斐を感じることができるのかもしれないと思います。同時にベトナムでは多くの日本人が日本語教師として働いていますが、そんな私たちも自国であれ海外であれ先生と呼ばれる仕事に就くのであれば本当に尊敬に値する存在でなければならないのだろうと思います。