ベトナムでは女性が優遇される?

女性の日

3月8日「世界女性の日」という日があるのは、ご存知の方も多いと思います。
ベトナムでは、世界女性の日の他にも10月20日「ベトナム女性の日」という日が存在します。ですので、ベトナムには女性の日が年に2回もあるのです。ベトナム女性の日は、1930年10月20日に女性の地位向上をするため「ベトナム婦人連合会」が正式に設立されたことをきっかけにベトナム共産党が記念日として女性に感謝の気持ちを表す「ベトナム女性の日」と定めました。

女性の日とは

女性の日は女性の平等性を訴える日でありましたが、現在では日頃の感謝を込めて男性が女性へプレゼントをする日とされています。この日には、恋人や妻、母親だけでなく先生や同僚といった身近な女性にも花などのプレゼントを贈ることが一般的です。日本では、世界女性の日であっても特別何か行われることもないのですが、日本にいるベトナム人の友人が「今日は女性の日なのに日本にいるから何もお祝いしてもらえない」とぼやいているのを聞いたことがあります。ベトナム人女性にとっては、年に数回のすごく特別な日のようです。

女性の日にすること その1

女性の日には、ほとんどの人が花を女性へのプレゼントとして買いますのでこの日になると街中に次々と露店の花屋さんが出没します。この日ばかりは、花束の需要が非常に高まることもあり花の値段は普段の倍近くの値段まで高騰します。

女性の日にすること その2

家庭では、基本的に女性が家事や食事の用意などをする習慣なのですが、女性の日になると男性がすべて行い母親や妻を休ませてあげるといったこともするそうです。恋人の場合は、花とコスメやシャンプーなど少額のプレゼントを贈ります。他にも食事や遊びに出かけるということもあるようです。

職場での女性の日

女性の日には、職場でも女性向けにお祝いイベントを行うのが一般的です。会社主催のささやかなパーティーが朝から行われるところもあり、男性職員が社内の女性職員に対して花やプレゼントを贈る他にもご飯をご馳走したりします。会社から女性従業員だけに少額のボーナスが支給されることもあるようですが、女性を大切にすることに対して不満はないようですが、やはり会社から女性にだけボーナスが支給されることに対しては、たまに不満を漏らす人もいるようです。

女性の日のまとめ

このような女性の日が年に2回もあるベトナムですが、男性の日というものはありません。でも、大部分のベトナム人男性は女性を特別に扱うということに抵抗なく疑問に思っている男性もほとんどいないようです。
男性の方がベトナムに住むならば絶対に忘れてはいけない大切な記念日の一つになりますので、しっかりと覚えておきましょう。

ベトナムでの結婚式について

ベトナムの結婚式

ベトナムで働いていると同じ会社のベトナム人の結婚式に呼ばれることがよくあります。
ベトナムの結婚式は、日本とは大きく違います。基本的に招待状は手渡しで、日程を事前に聞いたりすることはありますが招待状を受け取るのは直前になることもたまにあります。まれにですが、日本からの出張中に急に招待されることもあります。

結婚式の習わし

ベトナムでは、相手の宗教にもよりますが基本的にはキリスト教徒でない限りは女性の自宅で行うのが習わしです。披露宴は、式の翌日に行われることが多く大きなレストランや集会場などを貸し切って行います。人数は200~500人以上と日本の一般的な結婚式に比べるとかなり大掛かりなものとなります。

祝儀の相場

まず、ベトナムの結婚式に参加する上で一番気になるのがご祝儀はいくら包めばいいのか。ベトナムでの結婚式のご祝儀は50万VDN(約2,500円)あたりが相場になります。ご祝儀の相場に関しては、日本同様に招待された相手との関係や会場の規模によっても変わるようなので同じ結婚式に出席するベトナム人に事前に確認しておきましょう。ご祝儀は招待状が入っていた封筒に入れて会場へ持参します。招待状が封筒に入っていなかった場合は、日本のようにご祝儀袋というものはありませんので白い封筒にご祝儀を入れて持っていけば問題ありません。受付で署名をするのですが同じ場所にご祝儀を入れる箱がおいてありますので、そちらの箱に封筒のままご祝儀を入れてください。

結婚式の服装

服装については、日本に比べるとラフな格好で問題ありません。男性であればスーツでビシッときめて行ってもいいのですが、ポロシャツやTシャツで参加しても馴染めるような雰囲気です。女性はドレスを着たりして着飾っている人も多いのですが、いつもの服装よりも着飾っていれば十分です。

ベトナムの結婚式は自由度が高い

披露宴のほとんどの会場では、日本のように席順が決まっているわけではありません。どこに座っても問題ないのですが、知り合いが多いところに座ればいいと思います。日本の結婚式のようにセレモニー感はなく、みんなで楽しくお祝いしましょうといった雰囲気なので初めての参加でも周りの人たちと楽しめば大丈夫という感じです。ここでお開きになりますといった式の締めはありませんので、帰るタイミングは人それぞれで自由になります。ほとんどの人は、食事が一通り済んだら各々のタイミングで帰り始めます。

結婚年齢が若いベトナムですのでベトナムで働くことになれば必ずと言っていいほど誰しもが経験できることだと思います。ぜひ、異国の結婚式を体感してみてください。