ベトナムでバイクに乗る

はじめに

ベトナムは、皆さんご存知かと思いますが日本では見たことがないほど大量のバイクが行き交うバイク大国です。ほとんどの人が通勤やお出かけにはバイクを使用しています。

やはり、ベトナムで働くならバイクを乗り回せる方が便利だと思います。

では、日本人がベトナムでバイクに乗るためには何が必要なのでしょうか。

ベトナムでは、50㏄未満のバイク(原付バイク)であれば免許がなくても乗ることができます。

ただ、50㏄未満のバイクに乗っている人をほとんど見かけません。バイクをレンタルや販売をしているお店にも原付(50cc未満のバイク)はほとんど置いていないのが現状です。

では、ベトナムで50㏄以上のバイクに乗ろうと思うと運転免許証が必要になります。

ベトナムで日本人が免許を取得する為にはどうすればいいのか。

簡単に説明したいと思います。

日本と同じようにベトナムでも免許には種類があります。

バイク…A1(50~175㏄未満)・A2(排気量無制限)

自動車…B1(乗車定員9名3500kgまでの普通自動車)・B2(B1と同車種、営業運転可能な所謂2種免許)

ベトナムは、国際免許証条約を日本と結んでおりませんので私たちはベトナムでの免許証を取得しなければなりません。だから、日本での免許証があるからとベトナムで運転してしまっては無免許運転になってしまします。でも、日本人でベトナム語もわからないのに学科試験なんて合格できるはずがありません。

免許取得に関して。

ここではA1免許取得について記載します。

実は、日本での運転免許証を取得している場合は、書き換えをすれば学科試験なしでベトナムもの免許証を取得することができます。日本で自動二輪の運転免許を取得している場合は、A1免許取得には免許の書き換えを申請するだけになります。

必要な書類は…交通局に置いてある申請書・パスポート(ビザ3か月以上)・写真5枚・日本の免許証の翻訳(市役所で公証が必要)になります。交通局は、ハノイ・ホーチミンともに7:30~16:00に受付をしています。ただ、昼休みの場合は受付をしてもらえませんので注意してください。

普通自動車等の運転免許のみ取得している場合は、上記の手続きの後に実技試験をパスしないといけませんのでご注意ください。交通局で試験のスケジュールを確認し試験日の指定された時間に申込みをして実技試験を受けましょう。実技試験の内容は簡単だと言われています。免許証の書き換えは、10日程度で完了します。
海外でもルールはしっかり守りましょう!

ベトナムで有名なフリーペーパー『スケッチ』のサイトに、書き換え方法が詳しく紹介されていましたのでリンクを貼っておきます。
免許証取得マニュアル(書き換え編)
http://www.vietnam-sketch.com/2015070668079/2

交通ルール

ベトナムと日本のルールについての大きな違いをいくつか紹介しておきます。

・右側通行

・右折専用レーンや右折可能信号、標識がある場合は赤信号でも右折可能な場合があります。

・車種によって通行車線に制限があります。標識をしっかりチェックしましょう。

ただ、法律や規定は随時変更されていることもありますので、取得の際は必ず関係機関にお問合せください。

安全運転でベトナムバイクライフを楽しみましょう!