ベトナムでは女性が優遇される?

女性の日

3月8日「世界女性の日」という日があるのは、ご存知の方も多いと思います。
ベトナムでは、世界女性の日の他にも10月20日「ベトナム女性の日」という日が存在します。ですので、ベトナムには女性の日が年に2回もあるのです。ベトナム女性の日は、1930年10月20日に女性の地位向上をするため「ベトナム婦人連合会」が正式に設立されたことをきっかけにベトナム共産党が記念日として女性に感謝の気持ちを表す「ベトナム女性の日」と定めました。

女性の日とは

女性の日は女性の平等性を訴える日でありましたが、現在では日頃の感謝を込めて男性が女性へプレゼントをする日とされています。この日には、恋人や妻、母親だけでなく先生や同僚といった身近な女性にも花などのプレゼントを贈ることが一般的です。日本では、世界女性の日であっても特別何か行われることもないのですが、日本にいるベトナム人の友人が「今日は女性の日なのに日本にいるから何もお祝いしてもらえない」とぼやいているのを聞いたことがあります。ベトナム人女性にとっては、年に数回のすごく特別な日のようです。

女性の日にすること

女性の日には、ほとんどの人が花を女性へのプレゼントに買いますのでこの日になると街中に次々と露店の花屋さんが出没します。この日ばかりは、花束の需要が非常に高まることもあり花の値段は普段の倍近くの値段まで高騰します。

女性の日にすること その2

家庭では、基本的に女性が家事や食事の用意などをする習慣なのですが、女性の日になると男性がすべて行い母親や妻を休ませてあげるといったこともするそうです。恋人の場合は、花とコスメやシャンプーなど少額のプレゼントを贈ります。他にも食事や遊びに出かけるということもあるようです。

職場での女性の日

女性の日には、職場でも女性向けにお祝いイベントを行うのが一般的です。会社主催のささやかなパーティーが朝から行われるところもあり、男性職員が社内の女性職員に対して花やプレゼントを贈る他にもご飯をご馳走したりします。会社から女性従業員だけに少額のボーナスが支給されることもあるようですが、女性を大切にすることに対して不満はないようですが、やはり会社から女性にだけボーナスが支給されることに対しては、たまに不満を漏らす人もいるようです。

女性の日のまとめ

このような女性の日が年に2回もあるベトナムですが、男性の日というものはありません。でも、大部分のベトナム人男性は女性を特別に扱うということに抵抗なく疑問に思っている男性もほとんどいないようです。
男性の方がベトナムに住むならば絶対に忘れてはいけない大切な記念日の一つになりますので、しっかりと覚えておきましょう。

ベトナムにある先生の日って知っていますか

先生の日とは

まだまだ、だいぶ先になりますが、気になったことを紹介します。
ベトナムでは毎年11月20日は「先生の日」(教師の日)です。

世界教師デー

日本には教師の日という記念日はありませんが、世界では教師に感謝する記念日としている国はたくさんあります。世界では、ユネスコが「世界教師デー」として定めた10月5日を教師の日として定めている国が多いのですが、他の国とは違いベトナムではフランスで発足した「世界教育者組合連合」の記念日に由来しているため11月20日が先生の日(教師の日)となっていると考えられています。

ベトナムでの先生という職業

ベトナムでは先生という職業はとても尊敬されている職業であり、そのお世話になっている先生に日頃の感謝の気持ちを伝えようという日になります。この日の「先生」にあたる人は広くとらえられており、学校の先生や語学学校の先生(日本語教師)はもちろんですが、家庭教師やお医者さんも含まれます。ベトナムで先生が尊敬されている理由としては、ベトナムの英雄であるホーチミンさんが先生だったからだとも言われています。

最近、私の周りで日本語教師が人気になっているようで、同じ大学の後輩がベトナムの人材紹介サイトで日本語教師の仕事を見つけて転職しました。
ベトナム求人採用情報、就職・転職なら人材紹介会社キャリアリンク
https://kyujin.careerlink.asia/vietnam

先生の日にすること

先生の日には、授業が休みになる学校も多く様々なイベントを企画している学校もあります。

先生のために生徒たちが歌や踊りを披露したり、食事に誘うなどして先生の為におもてなしをします。

一部の大学では、通常通り授業が行われるようですが授業が行われている教室へ先生への贈り物などを持って駆けつける生徒も多いようです。

先生の日には、生徒たちが自身の教師に対して贈り物をする習慣があるためこの時期になると街の至る所でプレゼント用の商品がよく売られているのを目にするようになります。

大学や高校などの付近では、学生たちがお小遣い稼ぎのためにオリジナルの花かごやグリーティングカードを作成して販売している姿を見かけます。ベトナムでは教師は女性が多いこともあってか花を贈ることが多く、スーパーマーケットなどの商業施設では「先生の日セール」と題してお花が売られていたりします。

教師の日には、普段は私服の先生たちもアオザイを着て着飾っている人が多く美しい姿にたくさんの花を抱えて笑顔で生徒たちに囲まれる姿はすごく素敵です。このような風景は、先生の日にしか見ることができないので貴重な体験にもなるかと思います。

先生の日のまとめ

ベトナムでは、教師という仕事は給料が安いことでも知られていますがこのように生徒たちから尊敬され大切な存在として思ってもらえるからこそお金には代えられない遣り甲斐を感じることができるのかもしれないと思います。同時にベトナムでは多くの日本人が日本語教師として働いていますが、そんな私たちも自国であれ海外であれ先生と呼ばれる仕事に就くのであれば本当に尊敬に値する存在でなければならないのだろうと思います。

ベトナムの正月(テト)について

旧正月について

ベトナムでは、日本と中国などと同じように旧正月を大切にしています。

ベトナムでは、Tet(テト)と言われる日になるのですが旧暦の正月のため毎年日程は変わります。

テトのタイミングではベトナムに観光しに行くものじゃないとよく言われています。その理由は、一度行ってみるとすぐに理解できると思います。

旧正月の期間

毎年テトの休暇については、労働傷病兵社会省が政府へ休暇案を提出し決定されます。会社などによっても休日は様々なのですが、日本のように元旦から営業している商店はほとんどありません。私が訪れた際は、ハノイの街では営業しているお店がほとんどありませんでした。大晦日にあたる日になると早々にお店が閉まってしまいます。もし、テトの時期に行かれることがありましたら早めに食料などを買いだめすることをオススメします。

もし、これからの時期にベトナムへ旅行予定がある方は、テトの期間が書かれたサイトがありましたので参考に貼っておきます。

2017年のテトの連休はどうなる?
http://poste-vn.com/daily-info/2017%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%83%86%E3%83%88%E3%81%AE%E9%80%A3%E4%BC%91%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AA%E3%82%8B-4710

旧正月の特徴

ベトナムでは、田舎(ふるさと)から街へ働きに来ている人が多くいます。テトになると一斉に故郷へ帰省するため街は普段の活気はなく閑散としています。

ベトナムでも日本の正月と同じように帰省ラッシュが発生します。夕方になると日頃から渋滞はするのですが、大晦日あたりには比べ物にならない数のバイクや自動車で道路は騒然としています。そして、この時期の空港は出迎えの人々でごった返していますし、タクシーの料金も高額になる場合があります。その点を考えると観光には向かないシーズンになりますね。

旧正月にしかできないこと

でも、テトの時期は悪いことばかりではありません。この時期にしか体感できないこともたくさんあります。

例えば、道端でたくさんのミカンの木や桃の木が売られていて、豪華な飾りつけをしたお店やスーパーではお正月用のお菓子などが並び普段とは全く違った光景を目にすることができます。

そして、一番私がテトの時期にいてよかったと思ったことは元旦に上がる花火が見られたことです。

私は、ハノイで過ごしていたのですが近所の湖で花火が上がりました。大勢の人たちが鑑賞に訪れていて、茣蓙を敷いてナッツ片手にココナッツジュースを飲んでいる。まるで日本のお花見のような風景です。その周りにはおびただしい数のバイクがあり、みなで今か今かと年明けを待ちます。

花火が上がり、年が明けると「Chúc mừng năm mới!」(明けましておめでとうございます!)と周りの友人や親族、大切な人と盛り上がります。

その後は、バイクに乗り一斉にその場から自宅へと戻って行きます。

その光景もまたおもしろいと感じました。

旧正月についてのまとめ

観光には向かないシーズンかもしれませんが、テトを体感してみるのもいい思い出になると思います。

ベトナムで働く日本人はテトの時期になると帰国したり近隣の国に旅行に行く人も多いようですが、一度は体験してみる価値があると思います。

もし、テトにベトナムに滞在しているときにベトナム人の家庭に招かれることがあれば必ず家族へのお年玉を忘れずに持って行きましょう。手ぶらで行くと恥ずかしい思いをすることになるかもしれません。

ベトナムのタクシーについて

ベトナムでのタクシー

日本でタクシーに乗ると料金はかなり高額になるのであまり利用しない方が多いと思います。

でも、ベトナムでは日本に比べるとタクシー料金はかなり低額な料金設定になっており気軽に利用できる移動手段の一つです。

初乗り運賃

初乗り運賃は、10,000~13,000VDN(50~65円)でタクシー会社や車種(車の大きさ)によって異なります。ベトナムでは、街中であればタクシーが多く走っているので捕まらなくて困ることは少ないと思います。ただ、気を付けてタクシーを選んで乗らなければ悪質なタクシー運転手も多く存在しているのが現状です。慣れない土地でタクシーに乗車する際は、信頼できるタクシー会社を選んで乗車することをオススメします。

有名なタクシー会社

いくつか有名な信頼できるタクシー会社をご紹介します。

【ハノイ】

Airport (エアポートタクシー)、Mailinh(マイリンタクシー)、Hanoi(ハノイタクシー)など

【ホーチミン】

Vinasun(ビナサンタクシー)、Mailinh(マイリンタクシー)、Saigon torist(サイゴンツーリスト)など

この辺りが有名なタクシー会社になります。他の知らないタクシーに乗るよりは安心して利用することができます。ただ、安心しきっていると稀に遠回りをされてしまったり、実は道を知らないのに大丈夫と言って発進されてしまうということもありますので、くれぐれもご注意ください。

ホーチミンのタクシー会社について書かれていたブログですが、ハノイでも当てはまることが多いので参考までにリンクを貼っておきます。

ベトナム(ホーチミン)でタクシーにぼったくられない4つの方法
http://hitorijourney.blog.fc2.com/blog-entry-90.html

タクシー失敗談

慣れてしまうとついつい気が緩んでしまって会社名が書かれていればいいかと知らないタクシーに乗ってしまったことがありました。その時は、支払いの前に運転手がメーターを切ってしまい支払い金額でもめました。ベトナム語が分かればよいのですが、わからない場合は正直折れるしかありません。危ない目に遭っても困るので多少の金額なら安全策を取ることをおすすめします。

タクシー乗車の注意点

ベトナムの場合は、有名なタクシー会社にそっくりなデザインの車で営業している個人タクシーもいますので乗車する際は間違いないか確認してください。日本のタクシーのように乗車してから行先を告げるのではなく乗車まえに必ず行先への道がわかるか確認してから乗車しましょう。乗ってしまうとすぐに発信してしまうことがありますし、道がわからなくても誰かに聞いてたどり着こうとします。

海外でタクシーに乗る際は、ナンバーの写真を撮っておくことや運転手の顔写真と名前を写真に収めるだけでも対応が変わることがあります。大丈夫だろうではなく嫌な思いや損をしたくなければ気を付けておくのが一番です。