ベトナムのタクシーについて

ベトナムでのタクシー

日本でタクシーに乗ると料金はかなり高額になるのであまり利用しない方が多いと思います。

でも、ベトナムでは日本に比べるとタクシー料金はかなり低額な料金設定になっており気軽に利用できる移動手段の一つです。

初乗り運賃

初乗り運賃は、10,000~13,000VDN(50~65円)でタクシー会社や車種(車の大きさ)によって異なります。ベトナムでは、街中であればタクシーが多く走っているので捕まらなくて困ることは少ないと思います。ただ、気を付けてタクシーを選んで乗らなければ悪質なタクシー運転手も多く存在しているのが現状です。慣れない土地でタクシーに乗車する際は、信頼できるタクシー会社を選んで乗車することをオススメします。

有名なタクシー会社

いくつか有名な信頼できるタクシー会社をご紹介します。

【ハノイ】

Airport (エアポートタクシー)、Mailinh(マイリンタクシー)、Hanoi(ハノイタクシー)など

【ホーチミン】

Vinasun(ビナサンタクシー)、Mailinh(マイリンタクシー)、Saigon torist(サイゴンツーリスト)など

この辺りが有名なタクシー会社になります。他の知らないタクシーに乗るよりは安心して利用することができます。ただ、安心しきっていると稀に遠回りをされてしまったり、実は道を知らないのに大丈夫と言って発進されてしまうということもありますので、くれぐれもご注意ください。

ホーチミンのタクシー会社について書かれていたブログですが、ハノイでも当てはまることが多いので参考までにリンクを貼っておきます。

ベトナム(ホーチミン)でタクシーにぼったくられない4つの方法
http://hitorijourney.blog.fc2.com/blog-entry-90.html

タクシー失敗談

慣れてしまうとついつい気が緩んでしまって会社名が書かれていればいいかと知らないタクシーに乗ってしまったことがありました。その時は、支払いの前に運転手がメーターを切ってしまい支払い金額でもめました。ベトナム語が分かればよいのですが、わからない場合は正直折れるしかありません。危ない目に遭っても困るので多少の金額なら安全策を取ることをおすすめします。

タクシー乗車の注意点

ベトナムの場合は、有名なタクシー会社にそっくりなデザインの車で営業している個人タクシーもいますので乗車する際は間違いないか確認してください。日本のタクシーのように乗車してから行先を告げるのではなく乗車まえに必ず行先への道がわかるか確認してから乗車しましょう。乗ってしまうとすぐに発信してしまうことがありますし、道がわからなくても誰かに聞いてたどり着こうとします。

海外でタクシーに乗る際は、ナンバーの写真を撮っておくことや運転手の顔写真と名前を写真に収めるだけでも対応が変わることがあります。大丈夫だろうではなく嫌な思いや損をしたくなければ気を付けておくのが一番です。

ベトナムでバスに乗る

路線バスについて

ベトナムには路線バスが多く走っています。

鉄道が発達していないベトナムですが、路線バスでだいたいの目的地にたどり着くことができます。

利用料金も路線バスの場合は基本的に定額料金になります。路線によって異なりますが7,000VDN(約35円)~9,000VDN(45円)と格安料金です(近年、バスの料金値上げが続いておりますので常に最新の情報をご確認

ください)。学生の場合は学生割引がありますので、ベトナムへ留学する学生の方は乗車の際必ず学生証を持ち歩きましょう。

ハノイの路線バス

私が利用したのは、ハノイのバスになりますが、ホーチミンでも同様に定額料金で乗車できるバスがあります。

ハノイでは、Googleで検索すると何番のバスに乗車すればいいか出てきます。

Googleマップではよくお店の場所が間違っているので、信じていいものか不安なのでバス停にあるバスの路線図も確認して間違いなしと確認してからバスの到着を待ちます。

バスの正面の上部には、番号と行先が表示されていますので確認して間違えないように乗車しましょう。

ハノイの路線バスの路線図を見つけました。ベトナム語と英語しかありませんが、リンクを貼っておきますので利用してください。
ハノイの路線バス
http://www.transerco.vn/Default.aspx?pageid=263

日本との違い

ベトナムでバスに乗ると日本との違いが多々あります。私が利用した際に感じたことですが…。

  • バス乗降の際、完全に停車することがありません。乗りたい時は、バスが停留所に近づいてきたら急いで乗車しましょう。日本のバスのように完全に停車するのを待っていては乗り過ごしてしまいます。降りる時は、降り口付近でスタンバイしておきましょう。到着してから立ち上がっては一向に降車することができません。
  • 乗車したらチケットとお金を握りしめているお兄さんにお金を払ってチケットを受け取ります。
  • 次のバス停を示すような案内は車内にありません。ベトナム語での音声案内のみになりますので、わからない場合は、チケットを販売している人に降りたい場所を告げておきましょう。次だよと教えてくれます(私が乗車したバスの方は親切に教えてくれました)。

乗車時の注意

私は昼間の空いている時間にしか利用していませんが、友人から混雑時にはスリに気を付けないといけないから乗らない方がいいと言われました。便利でリーズナブルな移動手段ではありますが、どこの国でも混雑で人が多いところで注意しないといけないのは同じですね。

最後に

意外と快適だったので、機会があればまた利用すると思います。

そして、日本も見習うべきだと思ったことは学生たちが自分よりも年上の人が乗車してきた時に当然とばかりに席を譲るところです。すごくスムーズに席を譲る姿は素晴らしいと思いました。