ベトナムのスーパーマーケット

ベトナムのスーパーマーケットならではの特徴

こちらで就職し旦那と子供と生活する私にとってはベトナムのスーパーマーケットへよくいきます。
そのベトナムのスーパーマーケットでは日本にはないシステムがいくつかあります。私も初めて訪れた際は驚いたのですが、ほとんどのお店で大きなバッグは持って入ることができません。大きな荷物は、すべて入口付近のカウンターに預けないといけません。個人的には預けるのも大丈夫か心配なのですが、入店するためには信じて預けるしかありません。
そして、財布などを入れている小さなバッグは持って入ることができるのですが、こちらは入店前にバッグを袋に入れられて白い袋に入れてバッグを出すことができないようにホッチキスや熱で封をされます。
どちらも盗難防止のためだと思うのですが正直日本では考えられないことです。しかし、これでお買い物時に怪しい目で監視されないならその方が気分よく買い物ができるのだろうとも思いました。

果物や野菜のコーナー

店内では、スーパーによって様々ですが共通しているのは果物や野菜のほとんどが量り売りです。
近くに袋が置いてありますので、それに種類ごとに入れていきます。種類ごとに値段が違いますので混ざっていると怒られますから必ず別々に入れてください。
必要な分だけ袋に入れたら、野菜売り場の周辺に計って値段を張ってくれるスタッフがいますので渡して値段を付けてもらいましょう。たまにどこかに行ってしまっていない時もあるのですが、その場合は他の売り場を見て回って待つか近くのスタッフに聞いてみましょう。聞いてみても戻ってくるから待っているように言われることの方が多いかもしれませんが…。

その他のコーナー

お総菜やお肉などもお店によっては量り売りになっています。各売り場に担当の人がいますのでほしいものを伝えて渡してもらうか、自分で袋に入れてスタッフに渡せば大丈夫です。

最後にお会計になります。お会計は、買ったものをレジに流れていくベルトコンベアーに乗せていきます。この時に他の人のものと混ざらないようにきちんと仕切りは置きましょう。

万引き防止に

お会計後は、購入した商品とレシートを出口にいる警備員に見せてチェックしてもらえばお買い物完了です。
預けた荷物がある場合は忘れないように受け取って帰ってください。

おまけ

最後にベトナムのスーパーでは、日本ではありえないくらい豪華なおまけを見るのも楽しみの一つです。
コーヒーやお菓子、調味料などによくついていますので、お土産などを購入する際におまけ付きを選んでみるのも珍しいお土産となりますのでおすすめです。市場や街中の商店でもコーヒーやお菓子などをお土産用に販売していますが、私が見てきた中ではスーパーが一番安い印象です。

長期滞在する際には必ず利用することがあるかと思います。日本の調味料である「味の素」はどこでも手に入りますが、その他の食品も店舗によって取り扱いをしています。最初はいくつか回ってみて自分に合うお店を見つけたいですね。

ハノイ(ベトナム)の朝ごはん

 ベトナムの朝ごはんについて

ベトナム料理と言えば何ですか?フォーと答える人が多いと思います。
ベトナムで朝散歩をしていると外でフォーを食べている人たちをたくさん見かけます。
通勤ラッシュでたくさんのバイクが行き交う道の歩道には、出勤前に朝ごはんを食べている人たちがいます。
ベトナムで聞いた話だと朝ごはんを自宅で済ませてくる人は少ないようです。日本人からしたらもったいないと思ってしまうのですが、価格を考えると外で食べるのもいいかなと思うかもしれません。

ベトナムの朝ごはん「フォー」

ベトナム朝ごはんを紹介していきたいと思います。
まずは、やっぱり「Pho」ですね。フォーと言えばPho Ga(鶏)、Pho Bo(牛肉)が定番の味です。その中でもオススメはやっぱりPho Boです。フォーはあっさりしているというイメージが強いと思うのですが、牛肉を煮込んだスープがしっかりした濃厚な味で麺に絡んで…日本で食べていたPhoとは全く違う印象になります。

一番のオススメは、半生のお肉が入ったPhoなのですが胃腸が弱い方は注意してください。時間に余裕がある朝は、軒先のプラスティック椅子に座ってベトナムの朝を堪能するのもいいと思います。

ちなみに私は日本帰国中にもフォーが食べたくなることがあり、その時はクックパッドのレシピを見てフォーを作っています。

ベトナムの朝ごはん「バインミー」

では、朝はあまり余裕がないという方にオススメな朝ごはんも紹介します。
バイクに乗りながら購入出来ちゃう朝ごはん「バインミー」です。日本でいうとサンドウィッチのようなものになります。ベトナムでは道のいたるところにバインミー屋さんがいます。ベトナムはフランスの統治に置かれていたという時代背景もあり、フランスパンが美味しいことでも知られています。そのフランスパンに野菜や肉など店によって様々ですが注文してからパンを切って挟んでくれます。手際よく作ってくれますので、待ち時間も短くて済みますし食べ歩きもできるので時間がない方にはオススメです。

ベトナムの朝ごはん「コムタム」

そして、最後にご紹介するのは日本では考えられないかもしれませんが…。朝からがっつり食べたい方には、「コムタム」はいかがでしょう。割れご飯の上にスペアリブを乗せた朝からがっつり系の定番朝ごはんです。
クスクスのような触感とスペアリブ、その上に半熟の目玉焼きを乗せて頂きます。ヌクマムとチリのソースがピリッとしていて美味しく頂けます。
まだまだベトナムには色んな朝ごはんがあります。

ベトナムに住んだら色んなお店で美味しい朝ごはんを食べてみてはいかがでしょうか。

ベトナムでバイクに乗る

はじめに

ベトナムは、皆さんご存知かと思いますが日本では見たことがないほど大量のバイクが行き交うバイク大国です。ほとんどの人が通勤やお出かけにはバイクを使用しています。

やはり、ベトナムで働くならバイクを乗り回せる方が便利だと思います。

では、日本人がベトナムでバイクに乗るためには何が必要なのでしょうか。

ベトナムでは、50㏄未満のバイク(原付バイク)であれば免許がなくても乗ることができます。

ただ、50㏄未満のバイクに乗っている人をほとんど見かけません。バイクをレンタルや販売をしているお店にも原付(50cc未満のバイク)はほとんど置いていないのが現状です。

では、ベトナムで50㏄以上のバイクに乗ろうと思うと運転免許証が必要になります。

ベトナムで日本人が免許を取得する為にはどうすればいいのか。

簡単に説明したいと思います。

日本と同じようにベトナムでも免許には種類があります。

バイク…A1(50~175㏄未満)・A2(排気量無制限)

自動車…B1(乗車定員9名3500kgまでの普通自動車)・B2(B1と同車種、営業運転可能な所謂2種免許)

ベトナムは、国際免許証条約を日本と結んでおりませんので私たちはベトナムでの免許証を取得しなければなりません。だから、日本での免許証があるからとベトナムで運転してしまっては無免許運転になってしまします。でも、日本人でベトナム語もわからないのに学科試験なんて合格できるはずがありません。

免許取得に関して。

ここではA1免許取得について記載します。

実は、日本での運転免許証を取得している場合は、書き換えをすれば学科試験なしでベトナムもの免許証を取得することができます。日本で自動二輪の運転免許を取得している場合は、A1免許取得には免許の書き換えを申請するだけになります。

必要な書類は…交通局に置いてある申請書・パスポート(ビザ3か月以上)・写真5枚・日本の免許証の翻訳(市役所で公証が必要)になります。交通局は、ハノイ・ホーチミンともに7:30~16:00に受付をしています。ただ、昼休みの場合は受付をしてもらえませんので注意してください。

普通自動車等の運転免許のみ取得している場合は、上記の手続きの後に実技試験をパスしないといけませんのでご注意ください。交通局で試験のスケジュールを確認し試験日の指定された時間に申込みをして実技試験を受けましょう。実技試験の内容は簡単だと言われています。免許証の書き換えは、10日程度で完了します。
海外でもルールはしっかり守りましょう!

交通ルール

ベトナムと日本のルールについての大きな違いをいくつか紹介しておきます。

・右側通行

・右折専用レーンや右折可能信号、標識がある場合は赤信号でも右折可能な場合があります。

・車種によって通行車線に制限があります。標識をしっかりチェックしましょう。

ただ、法律や規定は随時変更されていることもありますので、取得の際は必ず関係機関にお問合せください。

安全運転でベトナムバイクライフを楽しみましょう!