タグ: 結婚式

ベトナムでの結婚式について

ベトナムの結婚式

ベトナムで働いていると同じ会社のベトナム人の結婚式に呼ばれることがよくあります。
ベトナムの結婚式は、日本とは大きく違います。基本的に招待状は手渡しで、日程を事前に聞いたりすることはありますが招待状を受け取るのは直前になることもたまにあります。まれにですが、日本からの出張中に急に招待されることもあります。

結婚式の習わし

ベトナムでは、相手の宗教にもよりますが基本的にはキリスト教徒でない限りは女性の自宅で行うのが習わしです。披露宴は、式の翌日に行われることが多く大きなレストランや集会場などを貸し切って行います。人数は200~500人以上と日本の一般的な結婚式に比べるとかなり大掛かりなものとなります。

祝儀の相場

まず、ベトナムの結婚式に参加する上で一番気になるのがご祝儀はいくら包めばいいのか。ベトナムでの結婚式のご祝儀は50万VDN(約2,500円)あたりが相場になります。ご祝儀の相場に関しては、日本同様に招待された相手との関係や会場の規模によっても変わるようなので同じ結婚式に出席するベトナム人に事前に確認しておきましょう。ご祝儀は招待状が入っていた封筒に入れて会場へ持参します。招待状が封筒に入っていなかった場合は、日本のようにご祝儀袋というものはありませんので白い封筒にご祝儀を入れて持っていけば問題ありません。受付で署名をするのですが同じ場所にご祝儀を入れる箱がおいてありますので、そちらの箱に封筒のままご祝儀を入れてください。

結婚式の服装

服装については、日本に比べるとラフな格好で問題ありません。男性であればスーツでビシッときめて行ってもいいのですが、ポロシャツやTシャツで参加しても馴染めるような雰囲気です。女性はドレスを着たりして着飾っている人も多いのですが、いつもの服装よりも着飾っていれば十分です。

ベトナムの結婚式は自由度が高い

披露宴のほとんどの会場では、日本のように席順が決まっているわけではありません。どこに座っても問題ないのですが、知り合いが多いところに座ればいいと思います。日本の結婚式のようにセレモニー感はなく、みんなで楽しくお祝いしましょうといった雰囲気なので初めての参加でも周りの人たちと楽しめば大丈夫という感じです。ここでお開きになりますといった式の締めはありませんので、帰るタイミングは人それぞれで自由になります。ほとんどの人は、食事が一通り済んだら各々のタイミングで帰り始めます。

結婚年齢が若いベトナムですのでベトナムで働くことになれば必ずと言っていいほど誰しもが経験できることだと思います。ぜひ、異国の結婚式を体感してみてください。