ベトナムのスーパーマーケット

ベトナムのスーパーマーケットならではの特徴

ベトナムのスーパーマーケットでは、日本にはないシステムがいくつかあります。私も初めて訪れた際は驚いたのですが、ほとんどのおみせで大きなバッグは持って入ることができません。大きな荷物は、すべて入口付近のカウンターに預けないといけません。個人的には預けるのも大丈夫か心配なのですが、入店するためには信じて預けるしかありません。
そして、財布などを入れている小さなバッグは持って入ることができるのですが、こちらは入店前にバッグを袋に入れられて白い袋に入れてバッグを出すことができないように熱で封をされます。
どちらも盗難防止のためだと思うのですが正直日本では考えられないことですが、これでお買い物時に怪しい目で監視されないならその方が気分よく買い物ができるのだろうとも思いました。

果物や野菜のコーナー

店内では、スーパーによって様々ですが共通しているのは果物や野菜はほとんどのお店が量り売りです。
近くに袋が置いてありますので、それに種類ごとに入れていきます。種類ごとに値段が違いますので混ざっていると怒られますから必ず別々に入れてください。
必要な分だけ袋に入れたら、野菜売り場の周辺に計って値段を張ってくれるスタッフがいますので渡して値段を付けてもらいましょう。たまにどこかに行ってしまっていない時もあるのですが、その場合は他の売り場を見て回って待つか近くのスタッフに聞いてみましょう。聞いてみても戻ってくるから待っているように言われることの方が多いかもしれませんが…。

その他のコーナー

お総菜やお肉などもお店によっては量り売りになっています。各売り場に担当の人がいますのでほしいものを伝えて渡してもらうか、自分で袋に入れてスタッフに渡せば大丈夫です。

最後にお会計になります。お会計は、買ったものをレジに流れていくベルトコンベアーに乗せていきます。この時に他の人のものと混ざらないようにきちんと仕切りは置きましょう。

万引き防止に

お会計後は、購入した商品とレシートを出口にいる警備員に見せてチェックしてもらえばお買い物完了です。
預けた荷物がある場合は忘れないように受け取って帰ってください。

おまけ

最後にベトナムのスーパーでは、日本ではありえないくらい豪華なおまけを見るのも楽しみの一つです。
コーヒーやお菓子、調味料などによくついていますので、お土産などを購入する際におまけ付きを選んでみるのも珍しいお土産となりますのでおすすめです。市場や街中の商店でもコーヒーやお菓子などをお土産用に販売していますが、私が見てきた中ではスーパーが一番安い印象です。

長期滞在する際には必ず利用することがあるかと思います。日本の調味料である「味の素」はどこでも手に入りますが、その他の食品も店舗によって取り扱いをしています。最初はいくつか回ってみて自分に合うお店を見つけたいですね。